ブロンプトンの秘密[2]:プロトタイプ

1975年に制作されたプロトタイプは、カマキリ型のハンドルにフレームの形も違いますが、ジオメトリや折りたたみ構造のアイディアなどの基本的な部分はすでに確立しています。

その後アンドリュー自ら工場を立ち上げ製品化した初期モデルのブロンプトンは、フレームの曲げが尖っているのが特徴的です。

2012年モデルのブロンプトンを合わせて3台を折りたたんだ状態で並べてみると、それほど大きな変更がないことがわかります。
つまり最初に設計された時点で、かなりの完成度だったということです。

世界中から愛されるブロンプトン。

ずっと同じブロンプトンを作り続けるブロンプトン社ですが、”より良い”ブロンプトンを目指して絶え間ない改良も続けているのです。