デイキャンプ with BROMPTON その2

サイトについたら、設営開始!
サイトの地形や日差しの向きを考えて、休憩用のテントを組み立てていきます。持っていったニンジャテントは自立も可能なテントだったので、硬めだった地面にはペグを打たずに自立させて設営してみました。

開口部はタープ風にポールで広げれば完成。
ポールの固定は、サイトの周りの木の枝とブロンプトンのサドルを活用しました。(風が強い時などはお勧めしません)
今回のキャンプ場は木立の中で強い日差しもなく作業中も快適でした。

BBQランチを楽しむ為に、くつろぐ前に焚き火を始めてしまいます。
キャンプサイトの周りから集めてきた小枝や枯葉などを利用して火を起こしていきます。いきなり炭に火はつかないので、枯葉や枯れ枝を燃やして炭に火を移していきます。この作業はなかなか時間かかるので、なるべく早めに取り掛かるのがオススメです。

今回はそら豆やシイタケ、ナスなどの野菜に、牛肉、オイルサーディンにコンビーフ、カマンベールチーズ。
野菜類はおうちから必要量を持っていきました。ご飯を炊くのは省略して、途中で寄ったスーパーでおにぎりを。滞在時間が少ないデイキャンプでは、手を抜くことも重要です。

焚き火の中に入れた炭に火がつけば、BBQの始まり。

野菜やお肉もじんわり香ばしく焼けました。
自然の中ではシンプルな塩か醤油だけの味付けでも、本当に美味しく感じますね。

<今回使用したアイテム>
BROMPTON M6R オレンジ
リアキャリア用バッグ:ラックサック
フロントバッグ:Roll Top Waterproof Bag 25L Navy