ゆるキャン 早春の伊豆・修善寺 with ブロンプトン その1

暖かい日差しを感じることも増えてきたこの頃。河原にはつくしが生えてきたり、木々や草の新芽が膨らんできていて、ブロンプトンでおでかけすればそこかしこに春のおとづれを感じることができますよ。

伊豆で桜と言えば東海岸側の河津桜が有名ですが、その分毎年とっても混雑しているのです。

今回はブロンプトンでのんびり楽しめる早咲きの桜を求めて、穴場のスポットは無いか、と伊豆半島の付け根・三島駅から修善寺までサイクリングしてきました。

JR三島駅は新幹線もとまる大きな駅。駅前は三島名物のお土産店や飲食店で賑わっています。ここからゴールの修善寺までは二つの川沿いのサイクリングロードで向かうことができます。

まずは駅のそばにある三嶋大社にお参りを。由緒ある大きな神社で参道の両脇には枝垂れ桜の木があり、開花時期には桜のトンネルのようになります。こちらは4月初旬あたりが見頃でしょうか。交通安全を祈願したら、縁起餅の”福太郎餅”を朝食がわりにいただきます。草団子に烏帽子をイメージした形状にあんこを盛っているユニークなお餅です。お茶付きで210円とリーズナブルなのも嬉しいですよね。

お参りをした後は、大社のすぐ東側を流れる大場川のサイクリングロードに入ります。一部区間は車道と共用なのですが、交通量が少ないので安心して走ることができます。このサイクリングロードではどーんと富士山が見えて迫力満点!

やっぱり富士山はかっこいいですよね。3月末ごろにはこの土手も新緑に覆われて、さらに美しい景色になるんでしょうね。

大場川沿いに5kmほど進むと、狩野川に合流します。今度はこの川沿いのサイクリングロードで南下するのですが、この合流地点のすぐ横にある道の駅・伊豆ゲートウェイ函南でランチタイムにしましょう。

”サイクリストの目指す聖地に”という合言葉のもと、サイクリストに優しい道の駅なんです。
バイクスタンドがあるのはもちろん、スポークカフェでは駐輪場が見えるようにお店が設計されていて、安心して食事や休憩を楽しむことが出来ます。

お店のイチオシは”シシバーガー”。地元の食材を使った猪肉を使ったパテがジューシーで、ボリュームたっぷり。
直径15センチはあろうかという巨大ハンバーガーです。

デザートにはインスタ映え間違いなしの”富士山クレープ”!ブルーの富士山は懐かしのブルーハワイ味。
生クリームは雲海を表現するなど、細部までこだわった逸品です。

道の駅の物産店で地元のお菓子を購入し、後半戦に突入です。