デイキャンプ[2]:キャンプ場

今回のデイキャンプツーリングの目的地は、県道70号線沿いにある”CAZUキャンプ場”。飯能駅から10kmちょっとです。

キャンプ場を利用すれば水回りやトイレの心配をすることもないので、初心者には特にオススメですよ。

特に火を使う場合は、場所や地域によっては条例などで火器の使用を禁止しているところもあるので要注意です。

”CAZUキャンプ場”はなんと材木加工場が運営しているキャンプ場。

デイキャンプの使用料は自転車500円の入園料ひとり300円とリーズナブル。トイレや水道などが整備されているだけではなく、キャンプでは重要な薪が500円で使い放題というのも嬉しいところ。

今回のメインイベントはこの薪を使ってのバーベキューです。

まずはキャンプ場の川原にタープを張ります。せっかくなのでタープの一端はブロンプトンで固定します。

タープを張って準備が整ったら持参した小型のバーベキューグリルの出番です。
今回は食材のお肉と野菜は事前に下ごしらえして密閉袋に入れて、保冷剤入りのバッグで持ってきました。

キャンプ場までのコース上にスーパー等があればそちらで手に入れても良いですね。

お肉→野菜→お肉→カマンベールチーズと、持ってきた食材をしっかりと胃袋に収めます。

ただ食材を焼いただけなのに、大自然の中で食べれば極上の料理に早変わりするのがキャンプの楽しいところ。

一人でのんびりでも、みんなでワイワイでも盛り上がれるディキャンプツーリング。

いきなりキャンプツーリングはハードルが高くても、デイキャンプなら少しの道具でも十分楽しめます。

ぜひ、あなたの相棒のブロンプトンと新しい冒険にチャレンジしてみませんか。