春爛漫サイクリング with BROMPTON その3

手賀川から手賀沼に入ると、まず現れてくるのは手賀あけぼの橋(手賀沼調節水門管理橋)です。
メカメカした水門の設備を越えると、広々とした水面が広がります。手賀沼はぐるっと一周がサイクリングロードになっているので、今回は沼の南側のルートを進みます。

野鳥の宝庫の手賀沼には、大きな白鳥もたくさんいました。白鳥たちはとっても人慣れしていて、すぐそばに寄っていっても全然動じません。
渡り鳥の白鳥は、もうすぐ北の空に飛び立ってしまうのでしょうね。

東西に細長~い沼なのですが、その中央に橋がかかっています。
その橋の南側のたもとにある人気の”道の駅しょうなん”で、小休止。レストランも人気なのですが、ここはソフトクリームで小腹を満たします。
ラッキーなことにこの日は限定のいちごソフトクリームをゲット。春とは言いつつ夏日に迫る気温で、ソフトクリームの甘さと冷たさが体に染み渡ります。

道の駅を後にしてさらにサイクリングロードを西に向かいます。道はよく整備されていて、所々に”歩行者に注意”や”自転車左側通行”と路面に案内があるので、初心者でも安心なコースです。
湖畔沿いの公園には桜の木がたくさんあり、桜吹雪を堪能しながらのサイクリング。

手賀沼のサイクリングロードを楽しみつつ、最後に目指す本丸の目的地は”西周うなぎ店”へと急ぎます。
手賀沼近辺ではうなぎが有名なのですが、中でも西周うなぎ店は人気のお店。
今回はきも吸付きのうな重を注文。香ばしく焼かれたうなぎですが、うなぎの身がふわふわな上、タレも甘すぎず美味しかったです。
うな重弁当もあるそうなので、混み合う週末はテイクアウトして青空の下で楽しむのも最高ですね!

実は手賀沼近辺はグルメなお店が多いので、何度サイクリングに来ても楽しめる場所です。
お蕎麦の名店もあるし、かき氷の美味しい店、おしゃれなカフェもあって、西周うなぎ店を出て北に坂を上れば、ゴールの我孫子駅の南口まではわずかな距離。
駅前でサクッと輪行準備を整えて、夕方の電車が混み出す前に帰宅です。

今回のブロンプトンとのサイクリングは、片道わずか30分の輪行旅ですが、場所を選べばたっぷり旅気分を味わえます!
ついついお出かけに二の足を踏んでしまいがちですが、場所を時間を選べば快適にブロンプトンとサイクリングを楽しめます。
まだまだ続く制約ある生活ですが、ブロンプトンとリフフレッシュの時間を楽しんでくださいね。