春爛漫サイクリング with BROMPTON その2

あけぼの山農業公園でカラフルなチューリップを楽しんでいると、公園北側に何やらこんもりとした木々。
ブロンプトンで向かって見ると、”布施弁天 東海寺”の石碑。こちらは関東三大弁天のひとつでもある、由緒あるお寺でした。
せっかくなのでお参りしようと階段を上ると、境内前には桜の花が咲き誇っていました。千葉県重要文化財に指定されているという建物と、桜の花びらが舞い散る様は、別世界のように美しかったです。

布施弁天を後にして、すぐ北側にある用水路沿いを東に向かいます。
国道6号線を越えると、利根川沿いにサイクリングロードが整備されているので、高台の道を景色を楽しみながらさらに東に進みます。
所々に菜の花が咲き誇っていて、甘い香りで幸せな気分を味わえます。すれ違う人もほとんどいないので、マスクを外してサイクリングできるのも嬉しいですよね。

利根川の栄橋付近にきたら、ルートを西にとり手賀川沿いのサイクリングロードに入ります。
この栄橋近辺は鰻屋さんやお寿司屋さんもあるので、タイミングによってはこの辺りでランチタイムもいいかもしれません。

手賀川のサイクリングロードは、ちょうど桜の花が見頃。そこかしこに釣り人が多いのものどかで印象的でした。

川沿いを4kmほどブロンプトンを走らせれば、最後の目的地・手賀沼に到着です。
布施弁天からサイクリングロードを乗り継いで、手賀沼まではぐるっと大回りで約20km。1時間ちょっとの大空を満喫できるルートは、コロナ禍でのストレスフルな日常をリフレッシュするにはぴったりですよ。

<今回使用したアイテム>
BROMPTON M6L ハウスレッド/ブラック
フロントバッグ:Roll Top Waterproof Bag 9L Navy
輪行袋:かるが~る