フォトポタ with BROMPTON その2

ブロンプトンに乗るようになって、写真を取る機会が増えた人も多いと思います。
キュートでスタイリッシュ、フォトジェニックなブロンプトンは、撮影意欲をかき立てる存在ですよね。

とはいえ、ブロンプトンを上手に撮影するにはどうしたらいいのか、とよく聞かれます。漠然としていると難しいので、最初はテーマを決めて撮影に慣れるのがいいでしょう。

前回 は英国風などの洋館とブロンプトンを合わせて撮影しましたが、その他のブロンプトンと相性のいいテーマをいくつかご紹介しますね。

その1・都会の風景

スタイリッシュにメトロポリタンな都会の風景に合わせてはいかがでしょうか。
東京や大阪などのビル群は存在感も抜群。この場合人混みを写さないような撮影場所を見つけることがポイントです。

早朝や休日の午前中など人の少ない時間帯を狙ってみて。
お台場や月島などのビル群を背景にできるような公園や川沿いの遊歩道などを利用すると、よりブロンプトンが映える写真が取れます。

また丸の内などのブランドショップの路面店が並ぶ街並みや、ショーウィンドウのディスプレイと組み合わせても、ブロンプトン映えしそうですよね。

公園や皇居など、案外たくさん自然が残っています。この自然とビルの対比も面白い写真になります。 


 
 
その2・神戸

関西では神戸もブロンプトンとベストマッチなポイント。
程よく小ぶりなエリアに、古い洋館から都会的なビル群、アートなオブジェなどが密集していて、効率よくバリエーション溢れるブロンプトン映えの写真が撮影できます。

神戸は海側のエリアと山側のエリアの高低差が激しいので、高さを生かしてビル群を見下ろす写真なども面白く撮影できます。色々街中を巡りながら撮影するのにもってこいのエリアです。


 
 
その3・倉敷

英国生まれのブロンプトンですが、どんな風景にも馴染むのもポイント。
日本のクラッシックな風景にもほど良く溶け込んでくれます。

最初に思いつくのは京都だと思いますが、観光客も多く交通量も多いので上級者向きのスポットです。

オススメなのは岡山の倉敷。中でも倉敷美観地区はクラッシックでレトロな日本の佇まいが残されていて、ブロンプトンともしっくり合うんです。こちらも有名な観光地なので、早朝に訪れるのがいいでしょう。

みなさんも自分なりのブロンプトン映えするオススメの場所を探して見てはいかがでしょうか。

何気ない景色も、ブロンプトンとは相性抜群のこともあります。色々チャレンジしてみてくださいね。