鉄道輪行[1]:輪行のコツ

ブロンプトンで始めたいのは、やっぱり輪行してのツーリング。

他の自転車に比べて、ブロンプトンが輪行に向いているのは、折りたたみが簡単なこと。
日常的に折りたたむことが多いから、あとは輪行袋に入れるだけなんです。

今回は輪行のコツを詳しくおさらいしてみましょう。

スタートは東京最大のターミナル駅でもある新宿駅。
甲州街道に面した南口は歩道や駅前のスペースも広く、輪行にはうってつけです。

輪行作業は周りの人に迷惑にならない場所で、改札に近いところが一番です。スペースがあれば、エレベーターのそばなども輪行しやすいですよ。おすすめなのは写真のような柱の影。

自転車も立てかけておけるし、作業に熱中しても荷物が目に見える範囲にあるので、安心です。

輪行準備の場所が決まったら、いつも通りブロンプトンを折りたたんで輪行袋に入れましょう。

あとはスマートに改札を通過してホームに向かうだけ。